So-net無料ブログ作成

春期限定いちごタルト事件 米澤穂信/著 [本の感想]


春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2004/12/18
  • メディア: 文庫


小市民を目指す高校生・小鳩君と小山内さんの連作短編集。ある事情を抱えた小鳩君と小山内さんは、高校入学を機に小市民を目指す。お互いは、依存しない、しかし互恵関係のみの関係で、『困った時はお互いを盾に使う』という約束をしている。そんな小市民を目指すふたりの目の前に、小鳩君の小学校の時の同級生・健吾が現れる。正義感が強く、しかも小市民を目指す以前の小鳩君を知る健吾の登場によって、ふたりは目立ちたくもないのに日常の謎解きを迫られる。


装丁画のせいばかりではないと思うが、第一印象『少女漫画みたい』な感じがした。というか、小説を読んでいながら少女漫画を読んでいるような、不思議な感じだ。『漫画みたい』という印象を受ける小説は、殆どの場合つまらない作品が常で、『漫画みたい』の後に『漫画だったら面白いかもしれないのに…』というのが続いてしまう。その点では、この作品はうまい具合に両方のバランスが取れた作品だと思う。小説の体裁としては、日常系の謎+学園物語、もしくはミステリの要素を含んだライトノベルズといったところだろうか。どちらにしても、これだ!というようなジャンルに嵌めることはちょっと難しいかもしれない。漫画みたいな小説で、ジャンルも特定できない作品という、かなりどっち付かずな作品だろう。でも、そのどっち付かず具合のバランスが心地よく、作者独特の路線を間違いなく築いていると思う。それと、『小市民であれ』というふたり、特に小山内さんの行動だが、これは意地悪な見方をすれば、はっきりいって『卑屈』といってもいいと思う。なのに、そんな卑屈さを感じさせないキャラクター創りには素直に感心してしまった。では、ミステリ要素の部分でいうと、各編の謎は日常の謎というよりも、本当に日常過ぎて小粒な印象は拭えない。ただ、期待は裏切られなかった。その小粒すぎる謎をきれに紡ぎ、最後の最後『孤狼の心』で、小鳩君と小山内さんの小市民たる背景を絡ませ、一気に収束させてみせた。多少、ふたりの背景について(特に小山内さん)の説明がハッキリしないところもあるが、次を期待させるには十分な効果を発揮していると思う。たまに、あからさまシリーズものを強調する作品があるが、そういった作者の独りよがり的な印象もなく、自然に次を期待させるのは上手いと思う。これから、ちょっと期待できる作家だろう。 参考:汎夢殿 米澤信穂公式サイトによると、続編の『夏期限定トロピカルパフェ事件』が近いうちに出るらしい。これは期待!


(2005年12月の感想)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。