So-net無料ブログ作成
検索選択

愚者のエンドロール 米澤穂信/著 [本の感想]


愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)

愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)



『氷菓』に続く、古典部シリーズ第2弾。秋の文化祭の準備に沸き立つ夏休み。奉太郎をはじめとする古典部員たちは、千反田えるからある試写会へと誘われる。それは、2年F組が文化祭のクラス展示の為に制作した、『ミステリー』と名付けられたビデオだった。廃村で撮影されたそのビデオは、タイトル通りミステリーで、しかも密室を扱ったものらしかったのだが、何故か解決編が無いまま終わってしまう。試写会を千反田に依頼した神高の女帝こと入須冬実によると、脚本を担当した本郷真由が、制作途中で心労の為倒れてしまい、肝心の解決部分が解らないのだという。そして、本郷の代わりに『彼女の作ろうとしていた真相を暴いて欲しい』と依頼される。


前作『氷菓』に比べると、ミステリの色合いが格段と強いと聞いていたので、この薄さ(ページ数の少なさ)でどれだけのミステリの面白さを出してくれるのか?と心配と期待半分だったのだが、期待を裏切らず…というか、期待以上に面白かった。そして、奉太郎の省エネ精神の変化を綴る、所謂『青春小説』の面での完成度も高いのが驚きだった。いやはや、ライトノベルズ侮る無かれだ。ビデオの脚本の続きを探るというのがメインの謎解きとなるのだが、推理するのは奉太郎たちでは無く、ビデオ撮影に関わった2年F組の生徒で、奉太郎たちはその推理に判定を下すという、オブザーバーというポジショニングも面白い。もっと興味深いのは、途中まで撮影されたビデオにピッタリの解決編を作るのではなく、あくまでも『脚本家である本郷の意思』として考えられた解決を探るというスタンスだ。例えば、ピッタリに解決編を作るというラインで話が進んだとして、それはそれで推理ゲーム的な面白さはあるだろう。第一作目であれば、それでも充分だと思う。しかし、第2作目ともなれば、もう少し登場人物たちに深みというものが欲しくなる。その点においても、焦点を『本郷の意思』を探るところに置いたのは正解だったと思う。奉太郎の出した答えは、結構すぐに思いつくのだが、そこに到るまでの過程が面白かったので『まぁ、こんなもんだろう』という感じでいた。が!そのあとにどんでん返しが用意されていたのにはびっくり。いや、ほんとにあれで終わりかと思っていたし、充分な満足も得られていたので、思ってもみないサプライズだった。で、そのサプライズのどんでん返しの畳みかけ方の素晴らしい事!最初にも書いたが、この薄さ、ページ数の少なさ、その中に奉太郎たちの住む神高という世界があって、ミステリと青春がぎっちり詰まっている。物語のバランスの良さが秀逸。そして最後に、読み終わったら、タイトルをもう見直してみて欲しい。


2006年1月の感想)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。