So-net無料ブログ作成

インシテミル 米澤穂信/著 [本の感想]


インシテミル

インシテミル

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本


あるアルバイト情報誌に掲載された、時給1120百円という冗談のような求人。誰もが誤植と笑った求人に応募し採用された男女12人は、ある実験のモニターとして『暗鬼館』と名付けられた地下空間で7日間生活する事となる。クローズドサークルである『暗鬼館』での実験内容とは、閉ざされた空間で殺人が起こった場合に人間の行動をモニターする事だった。犯人の指摘やいくつかの行動によって、ボーナスポイントやマイナスポイントが課金される仕組みとなっている。12人に一瞬の緊張が走るが、『7日間じっとしているだけでも千八百万円は確実に手に入る。だから、わざわざそんな危険を犯す必要など無い』と結論を出し、ひとまず安堵する。が、2日目の朝、参加者の一人が、『霊安室』で銃殺されているのが発見され事態は急転する。


クローズドサークルものとしてはかなり面白いと思う。が、個人的にはあんまり好きなテイストではなかった。こういうものの当たり前の設定なのか、最後まで主催者の意思というのが見えなかったのがどうも居心地が悪い。モニターしている以上、何らかの意味があっての事なのだろうし、意味が無くてもただ単に趣味だとか?顔が見えないのが、個人的にはどうも…。ま、そういうのを考えるのは無粋なのか。ただ、主人公の結城が『監獄』に入れられ、先に入っていた人物との犯人探しからラストの『躊躇の間』までの流れと、全くの他人だと思っていた12人の関係が次第に明らかにされていく過程は面白かった。特に、12人の関係については、たった一人の死によってここまでの連続殺人に発展すると言ういうありえない状況を、上手い具合に読み手に納得させていると思う。 ところで、最後の(ネタバレ)→関水の10億円って、どんな金?自分が死んででも獲ないといけない10億円って。(ここまで) …気になります。


(2007年12月の感想)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。