So-net無料ブログ作成
検索選択

レタス・フライ 森博嗣/著 [本の感想]


レタス・フライ (講談社ノベルス)

レタス・フライ (講談社ノベルス)



短編2編とショート・ショート5編を収録。収録作品は、『ラジオの似合う夜』『檻とプリズム』『証明可能な煙突掃除人』『皇帝の夢』『私を失望させて』『麗しき黒髪に種を』『コシジ君のこと』『砂の街』『刀之津診療所の怪』の計9編。ショート・ショートに関しては、ミステリの要素はまったく無い。『スカイ・クロラ』系とでもいうか、ストーリーよりイメージを楽しむ要素が強く、謎解きを求めると拍子抜けしてしまうので要注意。ただ、『スカイ・クロラ』ほどの想像力は必要ないし、ショート・ショートなので意外と楽しんで読めた。失礼を承知でいってしまうと、森博嗣の短編集にはもはやミステリの要素を期待していないというのもある。いや、ほんとに筋金入りの森ファンには申し訳ないが。という訳で、軽く感想を。まず、ショート・ショートは可も無く不可も無くという感じで、サラッと読み流し。『皇帝の夢』と『コシジ君のこと』は、昔の読みきりの少女漫画によくあったストーリー展開で、そこはかとなく今更感が漂う作品。それほどメジャーな設定という事だろうか。そういえば『コシジ君のこと』は、西澤保彦の長編にありそうな話しだな…と、今思った。『夏の夜会』とか結構近いような気がする。で、この本のメイン(と殆どの人が思っているであろう)の短編2編の感想だが、これは森博嗣お得意のファンサービス的作品。『ラジオの似合う夜』はVシリーズを読んでいなくても一応は楽しめるが、やはり読んでいないと面白さは半減するし、『刀之津診療所の怪』に関しては、S&MシリーズとVシリーズ、そしてGシリーズを読んでいて、更には短編集『今夜はパラシュート博物館へ』を押えているのが大前提となっている。何の大前提かというと、『刀之津診療所の怪』のオチ。ここでいうオチというのは、作中に出てくる謎(萌絵たちがいうところの怪)の謎解きではなく、最後の佐々木夫人と刀之津診療所の先生との会話部分。これは本当に、シリーズを読んでいないとまったく意味を持たない。これに関しては、一見不親切な印象を受けてしまうのだが、実は作中の作者のメッセージがしっかりと記されていたりする。犀川曰く、『君は知らないことだから、無理もない』と。そうかぁ、そりゃ無理ないよね。でも、この『君は知らないことだから、無理もない』という言葉すら、シリーズを読んでいないと意味を持たないような気がするのは私だけだろうか。難しいところだが、一応フェアではあるだろう。ところで、最後の『刀のつPRQ』の意味が全然解らない。『今夜はパラシュート博物館へ』の『ぶるぶる人形にうってつけの夜』も読み直してみたけど、どういう意味を持つのかが結局解らずじまい。ズバリこれ!という解等をお持ちの方はこっそり教えて欲しいです。

(2006年1月の感想)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。