So-net無料ブログ作成
検索選択

殺人ピエロの孤島同窓会 水田美意子/著 [本の感想]


殺人ピエロの孤島同窓会

殺人ピエロの孤島同窓会



第4回2006年『このミステリーがすごい!大賞 特別奨励賞』受賞作。東京から1500キロ離れた所に位置し、4年前の火山噴火のため無人島となった東硫黄島。ここで、かつて東硫黄高校のクラスメートたちの同窓会が開催された。参加者は全36人中、いじめにあっていた野比太一を除いた35名。公民館で行われた同窓会の最中、幹事の金子が持ってきたビデオにピエロの格好をした野比の姿が映る。野比はビデオの中で、一緒に映っている金子を惨殺してしまう。この金子惨殺の事実を確かめる為、現場である元大型スーパー・優美堂へと向かった一行は、金子が殺害された事実を知る。そして、そこから殺人ピエロとなった野比の復讐劇が始まり、クラスメートが次から次へと殺されていく。一方ネット世界では、東硫黄島での出来事がリアルタイムで配信され、殺人トトなる賭けが開催される。


作者が書いた当時12歳。この年齢でこれだけのモノが書けるという事に対して、本来無いはずの『特別奨励賞』をそれこそ特別に作って与えたという、ある意味『大人の事情』がプンプンと臭ってくる作品(というか、本)。実際読んでみて解ったが、『12歳にしては上手い』。でも、これを商業出版して、本格ミステリファンが納得の行くような作品かといわれれば、『やっぱり12歳』としかいいようがないだろう。多分というか絶対、『12歳が書いたミステリ』という事実以上の価値は無かろうと思う。 12歳の心意気と完成度に対して特別に賞を設けるのは大いに結構。しかし、それを(12歳というのを)餌にして商業出版し、金儲けしようという出版社側の良識は疑わなければならないと思う。 と、ここまで書いたところで、作品の感想を… この作品はあらゆるところで『ああ、やっぱり子供だな』と感じてしまう部分が多い。まぁ、12年の人生経験で大人並みの知識や経験は出来ないのだから仕方ないとは思っても、1100円を払って読んだ手前一応ツッコミは入れておきたいと思う。まず、同窓会。これも12歳では出た事は無いだろうが、ハッキリいってクラス36人中35人が参加する同窓会というのは、かなり出席率が良すぎるだろう。しかも東京から1500キロ、ジェット機で2時間もかかる孤島にだ。ここまでの出席率になるには、それなりの理由があって然るべきで、同窓会=みんな集まるというのはちょっと短絡的に過ぎる。おそらく、バッタバッタと潔く何人も殺される場面が最初にあって、そこから物語を作っていったのではないかと思う。しかし、残念ながらこれだけの人間が登場しながら、ほとんど書き割りのような存在価値しかなく、誰が誰だか全く掴めず、その結果読んでいる方は、何人殺されようが『あっそう』で通り過ぎてしまうだけとなってしまった。それと、東硫黄島自体なかりご都合主義に走っているように思う。4年も無人でいながら、発電だけは行われ、電気は使い放題。優美堂もかなりきれいな状態として描かれている。建物は、人が使わなくなれば、いくら放置した時点で新しくても、それなりに朽ちる。勿論メンテナンスを4年も怠れば、いくらなんでもこのキレイさ、便利さはおかしいだろう。後半、遊園地でのピエロとのバトルが繰り広げられるのだが、これもまずは場面ありきで作られた感が強い。最後に、ミステリとしての感想だが、私としては面白いとは思わなかった。捻りもないし、詰めも甘く、これといった伏線が張られている訳でもない。結局のところ、良くも悪くも『12歳』という感じ。ただ、12歳にしては上手く書けているので、重ね重ねこのデビューは不憫に思ってしまった。もっと、成熟を待ってあげられるだけの気持ちを大人は持つべきだ。


(2006年3月の感想)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。